家庭で水のトラブルが頻発する場所

家庭で水のトラブルが頻発する場所 普段の生活を送るなかで水道を全く利用していないという人はいないでしょう。飲み水や料理に使う水をミネラルウォーターに代えていても、洗面所やお風呂、トイレなどでは大量の水道水を使っているはずです。蛇口をひねれば出て、使ったら勝手に排水口から流れていく水のありがたみはなかなかわからないものですが、出ない、流れない、給湯器 水漏れなどの水のトラブルに遭遇すれば、安心して水を使うためのメンテナンスの大切さも身に染みることでしょう。
雑な扱いをしなくても水回りに使用されている本体や部品は劣化するものなので、長年使っていれば不具合が生じるのは当然です。水のトラブルが生じてから慌てるのではなく、どんな場所にどのようなトラブルが生じる可能性があるのか、どう対応すればいいのかを事前に理解しておくことが大切です。

■キッチンで起こる水のトラブル

家の中にはさまざまな場所に蛇口があり、ひねれば水やお湯がでるようになっています。そのなかでもキッチンの水道は、直接口から摂取する水であるため何よりも安全性が重視されます。キッチンで起こる水のトラブルで最も多いのが蛇口からポタポタと水が漏れることではないでしょうか。1日に何回も開閉を繰り返しているうちにパッキンやナットなどが緩んだり劣化したりして水が漏れることがあります。
蛇口から茶色などの色がついた水が漏れることもあります。水道管内部の錆びが出ている可能性があり、健康被害を及ぼしかねません。早急な対策が必要となるでしょう。また、衛生面からもう1つ言えば、排水口が詰まって悪臭を放ち害虫が発生することもあります。いつも清潔を保ちたいキッチンで起こる水のトラブルには専門業者による早急な対応が必要です。

■お風呂で起こる水のトラブル
お風呂で浴槽に1回お湯を溜めると200リットルほどの水が必要となります。疲れをとり血行をよくするためにもバスタブに入る習慣がある人は多いでしょうが、溜めていたはずのお湯が減っていて水漏れに気づくこともあります。浴槽の栓が劣化していている場合は交換するだけで解決しますが、バスタブや給水管に問題がある場合は、専門業者でないと対応できません。
お風呂のトラブルで最も多いのは、排水口の詰まりです。お風呂もトイレと同様に家族全員が使用する場所であり、髪の毛や石鹸、シャンプーなどのカス、汚れなどが固まってゲル状となったものが排水口や排水管を詰まらせる原因になることもあります。バスタブからの排水が滞るとそのまま大量の水が階下に漏れてしまうこともあり、早急な対応が必要となります。

■トイレで起こる水のトラブル

水回りのなかでもトラブルが起きやすい場所としてトイレがあげられます。トイレはタンクに溜めた水を流すことで汚物を処理しているため、漏れや詰まりなどが生じるとただ水浸しになるだけでは終わりません。衛生面での問題にも発展する可能性があり、集合住宅の場合は階下に多大な迷惑をかけることにもなるため、対応に緊急性を要します。
トイレにはタンクや給水管、便器、温水洗浄便座などさまざまなアイテムが複数あり、不具合が生じた場所や部品によっても対応が異なります。簡単な部品交換程度で済めば個人での対応も可能でしょうが、それができない場合は、早急に専門業者に依頼して来てもらう必要があります。素人判断で事態がさらに悪化しないように適切に対応するようにしましょう。

■まとめ
家やマンションなどを建てる場合は、水道工事を簡単にして不具合が生じても対応がしやすいように水道管を配する水回りはなるべくまとめて設置するものです。分岐された配管によってさまざまな場所で水を使用することができますが、それだけに水のトラブルも起こりやすくなります。特に、トイレのトラブルは深刻な事態に発展する可能性が高いため、対応にも緊急性を要します。素人判断で無理な修理をしようとせず、専門的な知識や技術をもったプロに依頼することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース